マイナンバー法・マイナンバー制度を理解し、正しく対応するための
マイナンバー検定試験主催 全日本情報学習振興協会/後援 産業経済新聞社

The Social Security and
Tax Number System

 

マイナンバー検定試験

本試験は、2016年春よりスタートするマイナンバー制度を良く理解し、特定個人情報を保護し、適正な取り扱いをするための検定試験(何級からでも受験できます)

マイナンバー検定試験開催日

10名以上で団体割引があります

マイナンバー実務検定1級または2級の合格者は、「個人情報保護士認定試験」を
受験する際に『課題Tのマイナンバー法の理解』が免除となります。

試験申込要領はこちら


申込受付中の検定試験

申込が終了した検定試験







学生の方は学割が適用されます。
受験の際に学生証の提示が
必要となります。

試験会場

車での来場が可能な会場

駐車台数には限りがありますのでご了承ください。
※一部、有料の会場があります。





試験会場

申込状況により、会場を変更・追加する場合があります。。

試験時間

1級 : 10時00分〜12時15分、2級 : 14時00分〜15時45分、3級 : 10時00分〜11時15分

受験料(税抜)

1級 : 10,000円、2級 : 8,000円、3級 : 6,000円

申込方法

インターネットでお申し込みの場合

申込手順の詳細はこちら

≪ご注意≫
個人情報保護士会主催の「マイナンバー実務検定 対策講座」及び「マイナンバー制度 理解・対策セミナー」も試験と同時にお申込みいただけますが、個人情報保護士会の会員割引は適用されません。保護士会会員の方は個人情報保護士会WEBサイトにてセミナーのみを別途お申込みください。

郵送でお申し込みの場合

(1)下記より、「検定試験申込書」をダウンロードして頂き所定の事項を書き込んで協会まで送付して下さい。受験料の払い込み用紙をお送りします。
検定試験申込書(郵送用)

(2)資料請求ページより資料請求をしていただくと、資料と共に「検定試験申込書」を送付します。「検定試験申込書」に必要事項をご記入の上、郵送して下されば、受験料の払い込み用紙をお送りします。

(3)お電話で申込書をご請求下されば受験申込書を送付いたします。

(1)ネットからでも、郵送でも受け付けております。ネット申込の場合は、申込手順の詳細はこちらをご覧になって下さい。

(2)試験を10名以上同時申込みされますと、団体割引が適用となり、10〜19名…8%割引、20〜99名…10%割引、100名以上…15%割引となります。ただし、ネット申込の場合で、31名以上同時申込みをご希望の場合はお電話ください。
  TEL:03-5276-0030

(3)団体で申込される場合で、申込書を郵送される場合、受験人数分ダウンロードして、お申込される方全員の申込書をご送付下さい。団体割引が適用される場合、割引した受講料払い込み用紙をお送りいたします。なお、この場合、一括支払いのみとなります。

(4)領収書が必要な場合、その旨をご連絡下さい。

対策講座

個人情報保護士会主催の各種セミナーの受講をお薦めいたします。

個人情報保護士会主催【マイナンバー制度 理解・対策セミナー】

個人情報保護士会主催【マイナンバー実務検定 1級・2級対策講習会】

注意事項等

1級と2級、3級と2級、で併願が可能です。(何級からでも受験できます。)

同日開催の当協会の試験(個人情報保護士認定試験など)と2級での併願も可能です。

受験票は試験実施日10日前までに届くように発送します。10日前になっても届かない場合はご連絡ください。≪TEL:03-5276-0030≫

受験票に、受験会場の詳細・注意事項等を記載しますのでご確認ください。(写真を貼付し試験当日持参してください。)

個人情報保護士会主催の各種セミナーは、申込み完了後【入場券】をお送りします。当日受付にて提出してください。3日前までに届かない場合は、必ずお電話ください。
個人情報保護士会≪TEL:03-3239-8648≫


下記のサイトからマイナンバー制度に関する様々な情報を得ることができます

【6月5日の受験者の方は必ずお読みください】

1.協会へのお問い合わせ、協会の対応など

(1) 協会事務局は試験対応のため6月4日(前日)の営業はしておりません。

(2) 受験票は5月23日に一斉に郵送致しました。受験票の確認を必ず行ってください。
受験票に関するお問い合わせは、遅くとも6月1日迄とします。6月2日以降は、受験票不着等のご連絡を頂いても、間に合わないため、対応はできませんのでご了承ください。

(3) 受験票に記載の生年月日や氏名などに訂正の必要がある場合は、受験票の 協会提出用を赤ペンで修正し、試験当日ご提出ください。

(4) 受験票を前もって点検してご準備ください。直前に「会社への置き忘れ等」の事情を述べられる場合がありますが、6月2日以降は理由の如何を問わず一切対応できません。

(5) 試験当日の会場への道案内については、協会では行いませんので、予めご自身で受験票の地図、その他の地図等でご確認ください。

2.当日、次の場合には受験を認めません。

(1) 受験票を忘れますと受験できません。身分証明書や受験料振込票があっても一切認めません。

(2) 受験票に本人の写真を貼っていないと受験できません。写真は縦4cm×横3cmのもの1枚、写真の裏面に名前と受験番号をご記入し受験票の協会提出用に貼ってください。貼っていただいた写真は協会で保管いたします。

(3) 試験時間に遅刻した場合は受験できません。
公共交通機関の遅延証明が確認できる場合や、天候などの理由で協会が認めた場合を除き、遅刻は認めません。遅延しても遅延証明書の出ない場合や、提出がない場合の遅刻は一切認めません。

全てを確認する

試験申込要領はこちら






おすすめeラーニング
おすすめセミナー
テレビCMのご紹介


おすすめ検定
認定講習会
Information
PAGE TOP ▲