マイナンバー制度を理解し、正しく対応するための

「マイナンバー検定」

マイナンバー保護士認定試験

Chief Mynumber Officer

第2回 マイナンバー保護士認定試験

主催 全日本情報学習振興協会

本認定試験は、マイナンバー制度、マイナンバー法の理解のみならず、マイナンバーの安全管理・セキュリティを学習する、マイナンバー管理の専門職の認定を行います。

令和元年10月20日(日)

開催

※お申込みは締め切りました。
開催会場
札幌・東京・横浜・埼玉・千葉・名古屋・大阪・福岡

合格者の方へ

名刺にロゴを刷りこんでアピールして下さい!

合格証書・認定カード

合格者全員に、合格証書と共にマイナンバー保護士認定カードが発行されます!

◇令和記念特別 認定カード発行のお知らせ

この度、合格者向けに、改元記念デザインカードを発行することを決定致しました。

令和元年7月・10月実施試験の合格者限定

変更後のプラチナカード

ロゴのダウンロード

ロゴのダウンロードには、合格者に発行される『認定カード』の認定番号が必要です。

下のボックスに、『認定番号+生年月日』を半角数字で入力して[確認]ボタンを押してください。

認定番号(12桁)+生年月日(8桁) :  

例)認定番号が1111-2222-3333、生年月日が1985年7月7日の場合は…
『11112222333319850707』と入力してください。

認定カード更新

当協会では、試験の合格者や講習会の修了者に「認定カード」を授与していますが、法律や技術の知識においては、年月の経過とともに内容が大きく変わってしまう事が多々あります。

そこで、認定カードに有効期限を設け、期限が到来すると「カード更新」の手続きを行って頂く制度を設けております。認定カードの更新を行うことにより、カードおよび資格ロゴの使用有効期限が延長されます。また、各種アップグレード講習会への参加資格が延長されます。

更新手数料(カード発行料・発送料など)は3,000円(税抜)です。

認定カードの「更新期間」について

認定カード更新は、有効期限月の1日を起点に有効期限月の【3ヶ月前~翌月末】の計5ヶ月の期間に行えます。

認定カードの有効期限は、更新手続きを行った日に関わらず、「取得月」を起点とし、2年ごととなります。

例)平成30年3月18日に受験された場合、更新期間は令和元年10月1日からとなります。

資料請求

講習会申込

団体申込

おすすめ学習ツール 
合格セット
マイナンバー実務検定
合格セット

(ビデオ講座と書籍のお得なセット)

「ビデオ講座」と「マイナンバーの教科書」「1級問題集」「2級問題集」等のセット教材
合計14,600円(税抜)のところ8,000円(税抜)でマイナンバー実務検定の合格を目指す方に最適なセット教材


企業ご担当者ページ

令和元年12月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら



第2回「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

令和2年3月8日開催

第21回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

PAGE TOP ▲