マイナンバー制度を理解し、正しく対応するための

「マイナンバー検定」

マイナンバー保護士認定試験

Chief Mynumber Officer

第1回 マイナンバー保護士認定試験

主催 全日本情報学習振興協会

本認定試験は、マイナンバー制度、マイナンバー法の理解のみならず、マイナンバーの安全管理・セキュリティを学習する、マイナンバー管理の専門職の認定を行います。

令和元年7月21日(日)

開催

申込期間 令和元年5月1日~6月20日
開催会場
東京 東京大学 駒場キャンパス
大阪 大阪大学中之島センター
6月20日迄受付中

学習方法

第1回 マイナンバー保護士認定試験

連続チャレンジ

キャンペーン

対象者:3月10日実施の第17回マイナンバー実務検定1級・2級 受験者又は欠席者及び
6月9日実施の第18回マイナンバー実務検定1級・2級
受験者又は欠席者の方

申込期限 6月20日(木)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら


1500円相当(非売品)

課題2テキストプレゼント (今回限定)

ただいまマイナンバー保護士認定試験をお申込頂いた方全員に、課題2参考テキストを無料でプレゼント!(お申し込み者全員に発送いたします。)

申込期限 6月20日(木)

>>お申込みはこちら

マイナンバー保護士の学習方法

マイナンバー保護士は、マイナンバー実務検定の上位資格となっており、課題1及び課題2-1は、マイナンバー法の理解、マイナンバー制度の実務となりますので、「マイナンバー実務検定公式テキスト」や、「マイナンバー実務検定 ビデオ講座」で対応できます。 課題2-2に就きましては、市販が間に合いませんので、第1回のマイナンバー保護士に限定ですが、当協会が受験生の方に無償で本年6月末頃までに「マイナンバー保護士課題2学習テキスト」を送付致します。

本マイナンバー保護士認定試験では、安全管理に関する出題ウェートが大きくなっていますので、本第2課題テキストをしっかり学習する事をお勧めします。

なお、公式テキストや上記「課題2学習テキスト」以外にも、下記の一覧表にある個人情報保護委員会の資料等をお読みになることをお薦めします。


合格者限定 加点制度

 本マイナンバー保護士認定試験の課題1と、マイナンバー実務検定には共通点が多くあります。マイナンバー保護士の課題1は40問(1問1点)出題されますが、マイナンバー実務検定1・2級合格者には、課題1のみに4点が加点されます。

資料請求


試験申込

学割申込

団体申込

おすすめ学習ツール 
合格セット
マイナンバー実務検定
合格セット

(ビデオ講座と書籍のお得なセット)

「ビデオ講座」と「マイナンバーの教科書」「1級問題集」「2級問題集」等のセット教材
合計14,600円(税抜)のところ8,000円(税抜)でマイナンバー実務検定の合格を目指す方に最適なセット教材





PAGE TOP ▲